こいわクンのやさしい火災保険講座~水漏れ事故 【小岩 賃貸】

水漏れ事故と火災保険について

~水道管の修理費用は火災保険はききません。

火災保険で漏水が補償される契約に加入している場合の話です。


あまり知られていませんが、水漏れ損害の場合に「水道管の修理」には保険金が出ません。

補償の対象になるのは「建物」と「家財」なのですが、給排水管自体に生じた損害というのは補償の対象にはならないのです。



また「不注意による漏水事故」も補償の対象外です。自宅の火災保険で漏水が補償されることになっていても、自分の不注意で漏水させて建物を水浸しにしても、補償はされません。

損害保険というのは「事故」に対して払われるものなので、「不注意」「ミス」は補償の対象外になっているのです。


同じ意味で、窓を閉め忘れて出かけている間に大雨が降って室内が水浸しになった・・・こういう場合も補償の対象外です。

「事故」ではなくて「ミス=過失」だからです。


アパートにお住まいの場合で、漏水事故を自分のミスで起こして下の階の人の物を濡らしてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?



この場合はアパートを契約するときに、加入を求められる火災保険(家財保険)に通常セットでつけられている「個人賠償責任特約」を使って、下の階の人の賠償に応えることになります。


この「個人賠償責任特約」は自分の不注意によるミスも対象になります。



このように、水漏れ事故といっても補償の対象になるかならないかは状況次第です。


自分で判断せずに保険代理店さんなどに確認してみましょう。